学校紹介

校訓

『人生は芸術なり』

教育理念

自由と平和を尊び、創造的で自主精神に充ち
心身ともに健康な、自己教育力の高い国際社会人を育成する

沿革

昭和
15年 4月27日 山口県桜ケ丘高等女学校認可(初代校長 山縣源四郎)遠石小学校(旧徳山市)の校舎の一部を借りて授業開始
11月22日 現在地に校舎落成
20年 7月26日 戦災によって校舎全焼
21年 4月 1日 専攻科設置
11月23日 校舎復旧
22年 3月31日 専攻科廃止
4月 1日 学制改革により、新制中学校と桜ヶ丘女子学院(修業年限1年)併設
23年 4月 1日 学制改革により、山口県桜ケ丘高等学校に移行し、普通科と別科(修業年限1年)設置、桜ヶ丘女子学院廃止
24年 3月31日 別科廃止
26年 3月14日 学校法人山口県桜ケ丘学園認可
27年 4月 1日 商業科設置
28年 4月 1日 家政科設置
30年 3月31日 中学校募集停止
32年 4月 1日 電気科設置
34年 4月 1日 電気計測科設置
5月10日 鉄筋4階建校舎と付帯建築落成
12月1日 電気科、電気事業主任技術者第1次試験免除制度学校に認定
39年 1月23日 校舎増築
40年 6月 8日 体育館落成
42年 4月 1日 女子経済科設置
45年 3月31日 女子経済科廃止
46年 4月 1日 事務科設置
12月20日 商業科・事務科の実習棟落成
48年 3月20日 特別館落成
3月27日 鉄筋4階建校舎(現在の南館)落成
54年 4月 1日 山縣文哉、校長に就任
56年 7月19日 理事長・山縣源四郎先生の学園葬挙行
8月24日 山縣武哉、校長に就任
58年 3月31日 電気計測科と事務科を廃止
60年 1月 7日 吉田桑三、校長に就任
61年 10月20日 運動場拡張、自転車置場整備
62年 4月 1日 丸山賢次、校長に就任
平成
3年 4月 1日 佐々川武、校長に就任
4年 4月 1日 水田洋二、校長に就任
6年 3月31日 実習等(視聴覚室、調理室、被服室)新築および食堂棟を改築落成
既存校舎を改修し、情報処理室2室新設
7年 3月31日 駐輪場(屋根・ラック付、705台収容)新設
8年 3月28日 電気館内を改修し、LL教室新設
9月24日 オーストラリアキャセドラル学園と姉妹校提携調印式
10年 3月31日 家政科募集停止
14年 3月31日 全館氷蓄熱式空調システム設置
15年 3月 7日 中国藩陽市外国語学校と姉妹校提携
17年 4月 1日 桜ケ丘中学校高等学校(現・晃英館)開校
20年 4月 1日 普通科アーティストコース設置
中村英雄、校長に就任
22年 4月 1日 永田武、校長に就任
23年 4月 1日 名和田達郎、校長に就任
11月 1日 辻岡敦、校長に就任
27年 4月 1日 普通科進学コース、キャリアコース設置
28年 4月27日 創立75周年記念式典および新校舎竣工式 

理事長挨拶

歴史と伝統のある本学園で業務を受け継ぐことは、大役であり、重責でもありますが、精一杯本学園の発展のために力を尽くしていく覚悟でございます。
また、保護者の皆様方をはじめ、卒業生、地域の方々には、平素より本学園の教育活動に多大なるご支援ご協力を賜り、改めて厚くお礼申し上げます。
今後も、校長をはじめとする教職員一同とともに、校訓「人生は芸術なり」の旗印の下、鋭意専心、本学園の躍進に向けて精励いたす所存でございます。
何卒これまで同様、本学園の教育にご理解ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

学校法人山口県桜ケ丘学園
理事長 片山 勝美

学校長挨拶

本校は創立者である山縣源四郎先生が将来の日本を憂い、女子教育の重要性を説かれ昭和15年創立されました。爾来「学ぶ意欲のあるもの来たれ」の建学の精神の下「人生は芸術なり」を校訓として掲げ、地元の皆様のご理解ご指導を頂きながら本年で77周年を迎えます。これも地域の方々を始め、関係各位のおかげと感謝いたしております。
教育は国家百年の大計であり、人材なくして発展はあり得ません。本校ではこのことを重く受け止め、知・徳・体の向上を主たる目標としています。それぞれの個性・能力にあった指導のもと、生徒に夢を与え、その夢を実現させることを目指し、日々邁進しております。高校三年間をどう充実させるか、生徒たちの長い将来を考える最も大切なことだと考えます。そのためには私達は努力を惜しまず全力でサポートをいたします。そして将来の日本や地域を支えるべく何より人材育成に精進してまいります。
今後とも本校に対しまして、ご支援ご理解のほどよろしくお願いいたします。

山口県桜ケ丘高等学校
学校長 辻岡 敦