本校の歴史

昭和

15年 4月27日

11月22日
山口県桜ケ丘高等女学校認可(初代校長 山縣源四郎)
遠石小学校(旧徳山市)の校舎の一部を借りて授業開始
現在地に校舎落成
20年 7月26日 戦災によって校舎全焼
21年 4月 1日
11月23日
専攻科設置
校舎復旧
22年 3月31日
4月 1日
専攻科廃止
学制改革により、新制中学校と桜ケ丘女子学院(修業年限1年)併設
23年 4月 1日 学制改革により、山口県桜ケ丘高等学校に移行し、普通科と別科(修業年限1年)設置
桜ケ丘女子学院廃止
24年 3月31日 別科廃止
26年 3月14日 学校法人山口県桜ケ丘学園認可
27年 4月 1日 商業科設置
28年 4月 1日 家政科設置
30年 3月31日 中学校募集停止
32年 4月 1日 電気科設置
34年 4月 1日
5月10日
12月 1日
電気計測科設置
鉄筋4階建校舎(現在の本館)と付帯建築(現在の電気館の1,2階部分)落成
電気科、電気事業主任技術者第1次試験免除制度学校に認定
39年 1月23日 校舎増築(現在の電気館の3階部分)
40年 6月 8日
8月10日
体育館落成
鉄筋2階建校舎(現在の科学館の1,2階部分)落成
42年 4月 1日 女子経済科設置
45年 3月31日 女子経済科廃止
46年 4月 1日
12月20日
事務科設置
商業科・事務科の実習棟(現在の科学館の三,四階部分)落成
48年 3月20日
3月27日
特別館落成
鉄筋4階建校舎(現在の南館)落成
54年 4月 1日 山縣文哉、校長に就任
56年 7月19日
8月24日
理事長・山縣源四郎先生の学園葬挙行
山縣武哉、校長に就任
58年 3月31日 電気計測科と事務科を廃止
60年 1月 7日 吉田桑三、校長に就任
61年 10月20日 運動場拡張、自転車置場整備
62年 4月 1日 丸山賢次、校長に就任

平成

3年 4月 1日 佐々川武、校長に就任
4年 4月 1日 水田洋二、校長に就任
6年 3月31日 実習棟(視聴覚室、調理実習室、被服実習室)新築、及び食堂等を改築落成
既存校舎を改修し、情報処理室2室新設
部室棟(トレーニング室、体育倉庫)新築
7年 3月31日 駐輪場(屋根・ラック付、705台収容)新設
8年 3月28日
9月24日
電気館内を改修し、LL教室新設
オーストラリアキャセドラル学園と姉妹校提携調印式
10年 3月31日 家政科募集停止
14年 3月31日 全館氷蓄熱式空調システム設置
15年 3月 7日 中国藩陽市外国語学校と姉妹校提携
17年 4月 1日 桜ケ丘中学校高等学校(現・晃英館)開校
20年 4月 1日 普通科アーティストコース設置
中村英雄、校長に就任
22年 4月 1日 永田武、校長に就任
23年 4月 1日
11月 1日
名和田達郎、校長に就任
辻岡敦、校長に就任
27年   普通科進学コース・キャリアコース設置
75周年

↑Go to top